【開発中】ミリ波CTスキャナー 評価用デモ装置

【開発中】ミリ波CTスキャナー 評価用デモ装置

質量分布や密度分布の可視化が可能なミリ波を応用した非破壊検査装置『VisibleSense』の評価用デモ装置

本装置は、計測対象物へミリ波を照射し、反射波を八光オートメーション独自の信号処理で解析することで密度分布を可視化します。
物質内部を伝搬するミリ波は誘電率に応じて波長が変化する為、誘電率の違いが到達時間の差として表れますが、同じ材質の場合は誘電率が一定の為、到達時間の差は密度の違いとなります。
この現象を利用して物質内部の密度分布を非破壊・非接触にて検査します。

特徴

計測事例:混錬状態検査(密度の異なる粘土の混ざり具合の可視化)

混錬の状態は標準偏差で推定することが可能です。
完全混合状態の標準偏差を算出し、それに対して目標値を設定することで定量的な合否判定を行います。