【開発中】ミリ波CTスキャナー VisibleSense

【開発中】ミリ波CTスキャナー VisibleSense

ミリ波を応用した、設置が容易な非破壊検査装置

ミリ波とは、車載レーダーや5Gスマートフォンなどに使用されている電磁波です。
このミリ波を応用した小型CTスキャナー『VisibleSense』には、弊社独自の信号処理が搭載されており、高詳細な非破壊検査が可能です。(特許出願中)

VisibleSenseは当社の従来機と比較して、高分解能化、小型化、低価格化を実現しており、設置や導入が容易になります。

従来機(マイクロ波非破壊検査装置【HMW-SD1000】)との比較

 

高分解能化 : 水平方向分解能 約10倍(約30mm → 3mm)
小型化   : 体積比で1/50に減少
       (装置サイズ 80×50×25mm)
低価格化  : 材料見直しによるコストダウン

様々な計測パターンに対応

1Dスキャン

センサーヘッド固定で、ワークを搬送しながら計測を行います。
設置が非常に容易です。計測結果では、ゴムシート内部状態を捉えていることが確認できます。

2Dスキャン

センサーヘッドをアクチュエータで駆動し、ワークを搬送しながら計測を行います。
1Dスキャンに比べ、水平方向の分解能が高い特徴があります。計測結果では、シリコンゴム内のポリシートを捉えていることが確認できます。

回転スキャン

ワーク回転中にセンサーヘッドをアクチュエータで駆動し計測を行います。
既存の設備に設置し、同時に検査することを想定しています。本事例はタイヤ内部の異物検査のイメージです。

 

応用事例

混錬状態の検査
密度の異なる油粘土を準備し、混錬を進めながら2Dスキャンを行いました。計測結果が、混錬状態を捉えていることが確認できます。
発泡状態の検査
気泡が入った樹脂の2Dスキャンを行いました。計測結果が、気泡の分布状態を捉えていることが確認できます。
セラミック製ナイフの検知

金属探知機では検知できないセラミック製ナイフを、洋服の内側に隠し持った状態/カバンの中に隠し持った状態を想定して2Dスキャンを行いました。どちらの計測結果も、ナイフの形状を捉えていることが確認できます。