STL曲率変換プラグイン

STL曲率変換プラグイン( LINE STRIPER 追加オプション)

 

3D-CADデータと実測の差分を可視化

3D-CADデータ(STLデータ)の曲率変換を行う「STL曲率変換プラグイン」を、
面歪スキャニングセンサ LINE STRIPER の追加オプション機能として、新たに利用できるようになりました。
本機能を利用することで、3D-CADデータと実物の計測データの差分表示が可能です。
例えば、設計値と異なる曲率をもつ領域を抽出したり、設計値と加工値の比較をしたり、が簡単にできます。

※本機能は”追加オプション”のため、単体では動作致しません。