【近日公開】AI外観検査システム Barreleye

AI外観検査システムBarreleye

手軽にAIを導入

一般的なディープラーニングでは、数百枚~数千枚のOK/NG画像を準備して学習させる必要があるため運用開始まで時間がかかり、導入の障壁となる場合が多いようです。本システムは、「良品」と「それ以外」を判別する機能に特化し、 数十枚程度のOK画像のみを学習させるだけでディープラーニングの効果を体感することが出来るソフトウェアです。誰でも手軽に、導入からたった一日で使用が可能です。

誰でもできる操作性

計測結果は、欠陥検出結果のほかに判定基準を可視化したヒートマップを表示します。
このヒートマップにより、AIが判定した結果の正しさを確認できます。

学習は、これまでに計測したデータの履歴からOK画像を選択して登録します。

入力デバイスに応じてカスタマイズ対応可能

通常のカメラ以外に、弊社の面歪スキャニングセンサLINE STRIPERや、市販の3次元測定機などの多種多様な入力デバイスに対応でき、画像による判別だけでなく、形状による合否判別が可能となります。

用途事例

様々な入力デバイスを用いて計測した用途事例を紹介します。