面歪スキャニングセンサ LINE STRIPER を応用した「大面積パネル歪検査装置」の情報を公開しました

標準型のLINE STRIPERの計測範囲はW300xH400mmですが、もっと大きな対象物でも計測できるように駆動系をカスタマイズし、W1000xH1000mmの計測を実現しました。数μmオーダーの微小歪を計測しようとした場合、レーザー変位計を用いるのが一般的ですが、非常に高精度に計測ができる反面、広範囲の計測には時間がかかりすぎ実用的ではありません。これに対し本装置は、数μmオーダーの微小歪を広範囲にわたって一度に計測することが可能です。

さらに詳しい紹介はこちらでご覧いただけます。ぜひご確認ください。