AIを応用した簡単外観検査システム

~こんなことができれば~

・表面が繊維質のようなテクスチャー模様の製品の傷や異物を検査したい。
・背景や素地などの周囲の影響で、画像処理での欠陥検出が難しい。
・不良が多発するわけではないので、評価に必要な画像が集まらない。

「アノマリー検出方式」を採用することにより可視化できます

ディープラーニングの中でも、良品画像だけを学習させる「アノマリー検出方式」を採用することにより、数十枚程度の少ない学習用画像だけで、ディープラーニングの効果を体感することが可能です。

★【簡単導入】【お手軽システム】だから、1日で利用が可能になるAI外観検査システム★

手軽にAIを導入

一般的なディープラーニングでは、数百枚~数千枚のOK/NG画像を準備して学習させる必要があります。しかし、実際には十分な量のNG画像を集めることが難しく、AI導入のハードルが高くなっています。
そこで、数十枚程度の良品画像のみで学習できる「アノマリー検出方式」を用いることにより、「良品」と「それ以外」を判別する機能に特化したことで、手軽にディープラーニングの効果を体感できるようになりました。

学習方法

簡単操作

計測結果は、欠陥検出結果のほかに判定基準を可視化したヒートマップを表示します。
ヒートマップにより、AIが判定した結果の正しさが確認できます。

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

AIを応用した簡単外観検査システム

関連記事

  1. 塗装ブツのクレームやトラブルをなくすために

  2. 液晶ゴミ検査装置

  3. 【近日公開】AI外観検査システム

  4. 接着・接合検査による完全品質保証のために

  5. マルチマテリアル化のための品質保証

  6. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

    フィルム搬送工程の「しわ」を検出・見える化します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集