【近日公開】AI外観検査システム

20~100枚程度の少ない良品画像のみで学習が可能

「良品」と「それ以外」を判別する機能に特化することで、手軽にディープラーニングの効果を体感することができます。

ノートPCで動作(学習)可能

ハードウェアを選ばないため導入のハードルが下がります。

説明可能ロジック

ヒートマップ表示により、結果だけではなく理由が判ります。
このため、「再学習が必要か?」等の判断が容易にできます。

カスタマイズ対応により入力デバイスを選びません

通常のカメラ以外に、弊社の面歪スキャニングセンサや市販の3次元測定機などの多種多様な入力デバイスにカスタマイズ対応でき、画像による判別だけではなく、形状による合否判別が可能となります。

用途事例



テクスチャーのある対象でもAIを使用すれば安定した検出が可能です。製品自体の起伏は良品部分と見なし、ピッチ不良分のみに反応します。

特殊光学系を用いた事例

面歪スキャニングセンサを用いた事例

関連記事

  1. 非破壊検査装置[AEROSONAR]によるスポット溶接状態検査

  2. 非破壊検査装置[AEROSONAR]による接着状態検査

  3. マイクロ波を用いたナイロンチューブの欠陥検査

  4. 塗装ブツのクレームやトラブルをなくすために

  5. 面歪スキャニングセンサ LINE STRIPER を応用した「大面積パ…

  6. 外観検査における微小凹凸検出

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集