面歪スキャニングセンサ「SPHYRNA」を応用した「ゆず肌」評価システム

~こんなことができれば~

塗装表面のゆず肌の状態を自動で測定するシステムが欲しい。
外観不良が数値で評価できる検査装置が欲しい。

独自の画像処理技術を用いた面歪スキャニングセンサ「SPHYRNA」を使えば、ゆず肌の自動評価や外観不良の数値化が可能になります。

■なぜ「ゆず肌」の数値評価が可能になるの?
塗装の際に、塗面がゆずの表面のように凹凸になる現象を「ゆず肌」といいます。他に「オレンジピール」と呼んだりもします。発生の原因はいろいろですが、ゆず肌が強くなると表面の凹凸が激しくなり、外観が醜くなってしまいます。

面歪スキャニングセンサ「SPHYRNA」は、対象物表面の微小凹凸を検査するものですが、計測の過程で生成する「傾き」データを使用することで「ゆず肌」の強弱具合を評価することが可能です。

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

SPHYRNAを応用したゆず肌評価システム

関連記事

  1. STRIPERによるフィルムの表面歪計測

  2. 適切な検査で、適切な生産性向上を

  3. 大型構造物を高精度に3D計測可能な、光コム技術とは?

  4. プレス製品における表面うねり計測システム

  5. なぜ面歪スキャニングセンサSTRIPERは歪みを曲率で評価するのか?

  6. 新製品『LINE STRIPER CX』によるロボットスキャン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集