塗装ブツのクレームやトラブルをなくすために

異物や塗料の固まりからできる表面上の突起、塗装ブツ。これは大変なクレームやトラブルの原因となります。仮に完成品でそれが判明してしまえば、その被害は甚大なものになるでしょう。

なぜ、ブツが出来るのでしょうか?
ブツを切断して分析してみると、その原因は大きく3つに分けられます

  • 塗料の成分の場合
  • 金属粉の場合
  • その他物質の場合

具体的には、塗料ガン(スプレーガン)の洗浄が不十分であること、製造品塗装前の水洗いや超音波洗浄がなされていない、もしくは不十分であること、また、作業環境における清掃が行き届いていない、という状況が考えられます。

いずれも、作業対象、作業器具及び作業場のゴミを取り除くということでしか、根本的な対策はできません。

問題や不足の事態が生じた場合、その対策をあらかじめ分析・検討し、工程改善をするということが大切です。

しかしそれ以前に最も重要なことは、「塗装ブツをいかに正確に検出し、事態を把握するか」ということではないでしょうか。

例えば、1日に1000個といった大量の製造品を、すべて目視で検査する場合を想定してみましょう。

検査対象の数が多いほど、そして検査担当者の人数が多いほど、どこまでがブツで、ブツでないのかを安定して判別することは、現実的に困難となります。感覚的な官能評価に頼っていると、長い年月を経て、徐々に検査基準が甘くなっていく(もしくは厳しくなっていく)というリスクもあります。

八光オートメーションが自社開発した「SPHYRNA(スフィルナ)」は、φ1.0mmオーダーの塗装ブツを自動検出します。

その原理については、以下の動画でご説明しております。

官能評価ではなく、計測値をデータ化することで、定量的な検査を実現。
特に自動車の金属ボディ、樹脂成形品、研磨前の板材などで、インラインでの検査自働化に、威力を発揮します。

以下に、お役に立てるポイントをまとめます。

  • 目視では解りにくい微小な凹凸も検出できます。
  • 自働化により、高速かつ高精度で外観検査を実現できます。
  • 工程初期に検査をすることで無駄な工数・コストを削減することができます。
  • 検査技術向上により、塗装品質向上につながります。
  • 検査技術を有した職人不足の解消につながります。

塗装ブツに関連したクレームやトラブルの削減のために。
また、確実なブツの検出から、製造・検査工程の根本的な改善のために。
八光オートメーションのSPHYRNAを、ぜひご活用ください。

 

関連記事

  1. 検査装置導入からシステム構築まで、一貫して承ります

  2. ワイヤーボンド検査装置

  3. 外観検査における微小凹凸検出

  4. 液晶ゴミ検査装置

  5. 接着・接合検査による完全品質保証のために

  6. 溶接検査と外観検査の連続した自働化を実現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

最近のコメント

事例集