マイクロ波×SAR技術を応用した精密計測技術

SARとは

SAR(Synthetic Aperture Radar)とは、小さなアンテナを走査しながら計測し、仮想的に大口径のアンテナを合成する技術で、高分解能を得ることができます。

この技術は電磁波を利用するため、天候等に左右されないことから人工衛星に搭載され、気象観測等に利用されています。

計測事例

従来のマイクロ波技術では、空間分解能は十数ミリメートル程度でしたが、SAR技術により数mmオーダーの計測が可能となります。また分解能が向上することで、下記計測事例のように干渉の影響を低減でき、計測対象の情報をより正確に計測することができます。

応用分野

より高精度な計測

SAR技術を応用することで、材料内の異物や剥離を、より高精度に計測することが可能になります。

ドローンへの搭載

近年急速に発達してきたドローンに搭載することで、人が入りにくい場所におけるインフラ点検や災害調査にも適用できる可能性があります。

さらに具体的な応用技術につきましては、お問い合わせください。

必須お名前
必須会社名
必須部署名
必須役職
必須都道府県
必須市区町村番地
必須電話番号
必須メールアドレス
お問い合わせ内容
必須送信確認 上記送信内容及び当社のプライバシーポリシーをご確認の上、チェックを入れてください。
 ※チェックがない場合は送信できません。

関連記事

  1. タイヤ弾性均一性測定修正装置

  2. STRIPERによるフィルムの表面歪計測

  3. 適切な検査で、適切な生産性向上を

  4. 大型構造物を高精度に3D計測可能な、光コム技術とは?

  5. なぜ面歪スキャニングセンサSTRIPERは歪みを曲率で評価するのか?

  6. 外装建材目地間ピッチ計測装置(レーザー計測)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

最近のコメント

事例集