STLデータ対応 LINE STRIPER

~こんなことができれば~

実物の面歪計測値と、設計値を比較し、良否判定できないか?

LINE STRIPER のオプション機能「STL曲率変換プラグイン」を使えば、簡単に3D-CADデータとの曲率比較が行えます

①STL曲率変換プラグインソフトを用いて3D-CADデータを解析します。

②LINE STRIPERを用いて実物の面歪計測を行います。

③差分を計算することで、設計形状による曲率が除去され、歪のみを抽出することができます。

 

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

STLデータ対応 LINE STRIPER

▼関連情報▼

関連記事

  1. 光てこ原理を応用した金属板打痕計測事例

  2. タイヤ弾性均一性測定修正装置

  3. STRIPERによるフィルムの表面歪計測

  4. なぜ面歪スキャニングセンサSTRIPERは歪みを曲率で評価するのか?

  5. マイクロ波を用いた物質の密度計測

  6. エンジンCyl/Block表面鋳出文字認識装置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集