認識困難な鋳出し文字(凹凸文字)を読み取る技術

~こんなことができれば~

  • 文字の周囲にある突起物に影響されずに、文字読み取りができれば……
  • 製造ラインで使用したいので、非接触で据え置き型の読み取り装置が欲しい。
  • 対象物が円筒面でパイプのように湾曲しているが、湾曲面の文字でも読み取れる装置が欲しい。

一般的な光学系による凹凸文字認識の問題

  • 鋳造品は、背景と鋳出し文字が同色で、どちらも鋳肌のため、文字だけを抽出することが非常に難しい。
  • 鋳造品の表面は、光沢があるものから艶消しのようなものまで様々で、一般的な照明では輝度を安定させることが難しい。
  • 文字を抽出する2値化処理の際、鋳肌の微小な凹凸がノイズ成分のように画像に現れてしまい、文字の分離に悪影響を及ぼす。

 

「2次元レーザー変位計を用いた3D計測技術」と「凹凸文字認識技術」の組み合わせで解決できます。

  • レーザー変位計は、対象物表面の変位を計測する為、鋳出し文字の凹凸を顕著に計測できるため、文字のみの抽出が安定して可能。
  •  

  • 対象物が円筒形で表面が湾曲していても、面の傾き補正・湾曲補正を施すことにより、正確に文字の凹凸情報を抽出することができる。
  •  

  • 凹凸情報を画像化しているため、文字の高さ(深さ)を計測することも可能。

 

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

2次元レーザ文字認識

関連記事

  1. 光てこ原理を応用した金属板打痕計測事例

  2. 大型構造物を高精度に3D計測可能な、光コム技術とは?

  3. マイクロ波の干渉法を応用した厚み測定装置

  4. 適切な検査で、適切な生産性向上を

  5. STLデータ対応 LINE STRIPER

  6. マイクロ波を用いた物質の密度計測

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

最近のコメント

事例集