マイクロ波を用いたナイロンチューブの欠陥検査

~こんなことができれば~

ナイロンチューブ成形時にどうしても内側に異物が付着してしまうので成形時にリアルタイムに検査を行いたい。

「マイクロ波」の「共振周波数」の変化量を見る事により検出できます

図1のように金属製筐体に対向に穴を開け、一方の穴からマイクロ波を入射させた場合、一定の条件を満たした周波数のみ透過できます(下右グラフ青線)。

この金属製筐体の中に誘電体が存在した場合(図2)、その誘電率と体積に応じて共振周波数がシフトします(下右グラフ赤線)。このシフト量を測定することで異物の有無等を検査します。

システム構成

φ9mmのナイロンチューブの体積を変化させた際の、共振周波数のシフト量を測定した事例です。

 

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

マイクロ波を用いたナイロンチューブの欠陥検査

関連記事

  1. 液晶ゴミ検査装置

  2. 検査装置導入からシステム構築まで、一貫して承ります

  3. ウェハース焦げ検査装置

  4. 接着・接合検査による完全品質保証のために

  5. 塗装ブツのクレームやトラブルをなくすために

  6. 適切な検査で、適切な生産性向上を

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集