カラー空間変換を応用した色むら検査

~こんなことができれば~

  • 微妙な色合いの変化を識別したい。
  • 色むらによる選別をしたい。

「カラー空間変換処理」で可能です

カラー空間変換を応用して、ミートボールの”色むら”による選別を可能にしたシステムです。

通常フライヤーの油の温度は自動管理されていますが、設備異常時など一時的に温度が上昇してしまった時には揚げ過ぎとなります。

連続的にフライヤーから搬送されるミートボールをカラーカメラで撮影し、色空間変換技術を用いてミートボール表面の微妙な色むらを抽出します。

 

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

カラー空間変換を応用したミートボールの色むら検査

関連記事

  1. 非破壊検査装置[AEROSONAR]による接着状態検査

  2. 溶接検査と外観検査の連続した自働化を実現

  3. ダンボール箱文字認識装置

  4. SWIRカメラの応用

  5. 液晶ゴミ検査装置

  6. ウェハース焦げ検査装置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

最近のコメント

事例集