なぜ面歪スキャニングセンサSTRIPERは歪みを曲率で評価するのか?

~曲率とは?~

曲線の一部を円で置き換えたものと見なして、その円の大きさで曲がり具合を表した指標を”曲率半径”と言います。

”曲率”は、”曲率半径”の逆数です。

 [ 曲率 = 1/曲率半径 ] 

「曲率半径が小さいほど曲率が大きくなり」、これは、「急なカーブほど曲率が大きくなる」と言い換えることができます。

~曲率で評価するメリットは?~

測定対象面が数mmの緩やかな変化や傾きを持つ場合、その中に存在する数umの微小歪を変位で評価しようとすると、測定対象面の変位の中に埋もれてしまうため、歪部分の区別・抽出が困難です。

この様な微小歪を曲率で評価すると、測定対象面の緩やかな変化・傾きは曲率半径が大きく曲率はほぼ”0”になるのに対し、歪部分は曲率半径が小さいため曲率が大きく変化し区別が容易となります。

 

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

STRIPERはなぜ曲率で評価するのか?

関連記事

  1. 非破壊検査装置[AEROSONAR]による接着状態検査

  2. 特殊光学系を用いた外観不良・内部欠陥の可視化

  3. SWIRカメラの応用

  4. STLデータ対応 LINE STRIPER

  5. インラインフィルムシワ検査装置

  6. 面歪スキャニングセンサ「SPHYRNA」を応用した「ゆず肌」評価システ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

最近のコメント

事例集