なぜ面歪スキャニングセンサSTRIPERは歪みを曲率で評価するのか?

~曲率とは?~

曲線の一部を円で置き換えたものと見なして、その円の大きさで曲がり具合を表した指標を”曲率半径”と言います。

”曲率”は、”曲率半径”の逆数です。

 [ 曲率 = 1/曲率半径 ] 

「曲率半径が小さいほど曲率が大きくなり」、これは、「急なカーブほど曲率が大きくなる」と言い換えることができます。

~曲率で評価するメリットは?~

測定対象面が数mmの緩やかな変化や傾きを持つ場合、その中に存在する数umの微小歪を変位で評価しようとすると、測定対象面の変位の中に埋もれてしまうため、歪部分の区別・抽出が困難です。

この様な微小歪を曲率で評価すると、測定対象面の緩やかな変化・傾きは曲率半径が大きく曲率はほぼ”0”になるのに対し、歪部分は曲率半径が小さいため曲率が大きく変化し区別が容易となります。

 

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

STRIPERはなぜ曲率で評価するのか?

関連記事

  1. STRIPERによるフィルムの表面歪計測

  2. 光てこ原理を応用した金属板打痕計測事例

  3. マイクロ波×SAR技術を応用した精密計測技術

  4. 外装建材目地間ピッチ計測装置(CCDカメラ)

  5. 外装建材目地間ピッチ計測装置(レーザー計測)

  6. タイヤ弾性均一性測定修正装置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集