外装建材目地間ピッチ計測装置(CCDカメラ)

建物の外壁材(建材ボード)に複数刻み込まれている目地溝の位置寸法を、画像処理を用いて測定する装置です。
「レーザー計測による外装建材目地間ピッチ計測装置」同様、外壁材表面は目地と自然な素材感を出すための模様との区別が非常に困難で、画像処理に関する高度な技術が要求されるため、自社開発による画像処理ソフトを駆使しています。

関連記事

  1. マイクロ波×SAR技術を応用した精密計測技術

  2. STRIPERによるフィルムの表面歪計測

  3. 新技術紹介!非破壊検査のインライン化と高分解能化を実現!!

  4. 外装建材目地間ピッチ計測装置(レーザー計測)

  5. 面歪スキャニングセンサ「SPHYRNA」を応用した「ゆず肌」評価システ…

  6. STLデータ対応 LINE STRIPER

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集