外装建材目地間ピッチ計測装置(CCDカメラ)

建物の外壁材(建材ボード)に複数刻み込まれている目地溝の位置寸法を、画像処理を用いて測定する装置です。
「レーザー計測による外装建材目地間ピッチ計測装置」同様、外壁材表面は目地と自然な素材感を出すための模様との区別が非常に困難で、画像処理に関する高度な技術が要求されるため、自社開発による画像処理ソフトを駆使しています。

関連記事

  1. 大型構造物を高精度に3D計測可能な、光コム技術とは?

  2. 認識困難な鋳出し文字(凹凸文字)を読み取る技術

  3. 光てこ原理を応用した金属板打痕計測事例

  4. なぜ面歪スキャニングセンサSTRIPERは歪みを曲率で評価するのか?

  5. STLデータ対応 LINE STRIPER

  6. 外装建材目地間ピッチ計測装置(レーザー計測)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

最近のコメント

事例集