外装建材目地間ピッチ計測装置(レーザー計測)

建物の外壁材(建材ボード)に複数刻み込まれている目地溝の位置寸法を、レーザー変位計を用いて測定する装置です。
外壁材の目地溝は、機械加工されたような明瞭で直線的なものではなく、曖昧で不明瞭な場合が多く、目地溝と模様との区別が困難です。当社の計測装置は、レーザー変位計により高精度に目地溝の形状を計測し、独自開発の非線形ソフトフィルターを駆使し、正確に目地溝と模様とを区別できます。

関連記事

  1. STRIPERによるフィルムの表面歪計測

  2. 外装建材目地間ピッチ計測装置(CCDカメラ)

  3. マイクロ波の干渉法を応用した厚み測定装置

  4. 大型構造物を高精度に3D計測可能な、光コム技術とは?

  5. STLデータ対応 LINE STRIPER

  6. エンジンCyl/Block表面鋳出文字認識装置

コメント

    • 長谷工コーポレーション 技術部中井
    • 2018年 3月 16日

    外装材だけではなかくコンクリー表面を長さ100mm~150mmの範囲で凹凸をはかれますか。凹凸の精度は1.0mm~20mmていどの範囲です。

    • 長谷工コーポレーション 技術部中井
    • 2018年 3月 16日

    簡易にはかれるものを探しています。なければ、製作することも考えています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集