タイヤ弾性均一性測定修正装置

 

ロードセルとロータリーエンコーダを使用し、タイヤを回転させながらRADIAL(半径)方向の剛性(反力)を、タイヤ回転角と同期させて計測する装置です。合否判定機能、不均一部分の修正機能を有しています。
また、FFT処理を駆使した高精度計測を実現しています。なお、ロードセルより入力される微小電圧を増幅させる専用のアナログI/Fユニットも当社オリジナルです。

関連記事

  1. 光てこ原理を応用した金属板打痕計測事例

  2. STRIPERによるフィルムの表面歪計測

  3. 新技術紹介!非破壊検査のインライン化と高分解能化を実現!!

  4. 適切な検査で、適切な生産性向上を

  5. プレス製品における表面うねり計測システム

  6. STLデータ対応 LINE STRIPER

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集