のり枚数検査装置

原理

マイクロ波を使用した、のりの枚数を検査する装置です。
味付け海苔はその表面に調味料が付けられているため、複数枚が一体化することが多く画像処理等での枚数計測が困難です。
一方、マイクロ波は味付け海苔を透過して厚さ情報を位相情報へと変換します。従って複数枚が一体化していても、積層される海苔の厚さは変化しないため、枚数計測が可能となります。

システム構成

上部のアンテナからマイクロ波を放射し、下部のアンテナで受信します。
検査対象を透過することで生じる位相差の情報を、位相検出装置を通して検査用パソコンに取り込み、枚数に換算し検査を行います。

関連記事

  1. カラー空間変換を応用したミートボールの色むら検査

  2. 液晶ゴミ検査装置

  3. 溶接検査と外観検査の連続した自働化を実現

  4. SWIRカメラの応用

  5. 検査装置導入からシステム構築まで、一貫して承ります

  6. ウェハース焦げ検査装置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. LINE STRIPER FV_カスタマイズ機

最近のコメント

事例集