OCR技術を用いたトレサビリティ管理システム

~こんなことができれば~

  • 製造工程で、製品の品番管理・レシピ管理を行いたい。
  • 出荷工程で、製品の出荷伝票管理を行いたい。
  • 製造工程から出荷工程まで含めたトレサビリティ管理を行いたい。

「製造工程品番読取システム」と「出荷工程出荷コード読取システム」を組み合わせることで可能です

製造工程品番読取システム

製造工程において必要な部品や工具等の情報をまとめたレシピデータを、当社のハンディ凹凸形状スキャナにて読み取った品番データをもとに工程管理サーバーから検索し紐付けするシステムです。

出荷工程出荷コード読取システム

完成した製品を梱包しているダンボール箱等に印字された出荷コードを、カメラ一体型の汎用画像処理装置にて読み取り、伝票管理をするシステムです。

◎製造工程から出荷工程に至るまで、トータル的なトレーサビリティ管理システムを構築できます。

 

▼こちらから技術情報のpdfファイルをダウンロードできます▼

トレサビリティ管理システム

関連記事

  1. SWIRカメラの応用

  2. マイクロ波を用いたナイロンチューブの欠陥検査

  3. マルチマテリアル化のための品質保証

  4. 非破壊検査装置[AEROSONAR]による接着状態検査

  5. のり枚数検査装置

  6. カラー空間変換を応用した色むら検査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

事例集